y a r d ◎◎ mono×人     


by yard_vc

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

 ガチャ萬商會 gach...
MADAR GALLERY
POETA/言葉と物
glass studio...
カフェ 夏への扉
ベアとの日々
グレイト☆ダイアリー
はらっぱのはっぱノート

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
about yard
information
lesson
event
news
artist
hand print
glass work
painting
iron work
ome
staff
shop
favorite
think

最新のコメント

初コメントをありがとうご..
by yard_vc at 12:34
横田さま、足を運んで頂き..
by yard_vc at 07:05

ファン

いまを知る

e0117872_6271465.jpg

e0117872_627453.jpg
耳に聴くは声である.....
いよいよです!
秋元紀子さんの15周年、15回目の『ひとり語り』
安房直子(あわ なおこ)さんのファンタジーに心を掴まれ、語り続けてこられ15年、
文章と向き合うこととは違い、耳からの音色で感じると、深く深く架空の世界へ惹き込まれ
気付けばそこに立っている錯覚さえ感じます。今を見据える鍵となりそうです。

12/7(金)・8(土)
pm.2~
pm.7~
原宿アコスタディオ
前売 2.500yen
当日 2.800yen

**ご予約まだ大丈夫そうですので、お早めに!

『秋元紀子ひとり語り / vol.15「三日月村の黒猫」』
この物語にどれほどの力があるのか
それを語ることで、どれだけ人の心に入っていけるのか
私にはわからない
わからないのに15年続けてきた
いつもその時代にあった作品を選んできたつもり
いや、その時の自分の気持ちに合った作品だったかも
安房さんの声高ではないが、静かにつきつけてくるテーマが好きだ
今回は、やはり再生。
どうにもならない過去を私達はどう受けとり
どう未来につなげていけばいいのか
人間のしたこと、自然との共生
語りながらも、未だ私の中で混沌としている
もしあなたがこの物語を今必要としてくれるならば、
私はそっと、あなたに語りたい  秋元紀子

安房直子(あわ なおこ)
1970年「さんしょっ子」で日本児童文学者協会新人賞を受賞後、
美しい文体で独自のファンタジーの世界を書き続けた。
<小夜の物語> 花豆の煮えるまで』で、ひろすけ童話賞および、赤い鳥
文学賞特別賞を受賞。 「きつねの窓」「ねずみのつくったあさごはん」など、
教科書に多く掲載されている。

ご予約・問合せ/グッドフェイス 
TEL/FAX 044-987-6554
goodface2007@gmail.com
秋元紀子HP http://www7.ocn.ne.jp./~mitomoto
Blog    http://ameblo.jp/goodface2007
facebook  http://www.facebook.com/mikadukimura

[PR]
by yard_vc | 2012-11-28 07:17 | information | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yardvc.exblog.jp/tb/19279480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 秋元紀子 at 2012-11-28 23:26 x
ありがとうございます!!
あまりにもかっこよすぎて、驚いてます。
この名文に負けないよう、いい公演にしたいと思います。
Commented by yard_vc at 2012-11-29 06:48
秋元さんの語りを聴かせて頂いた素直な感想です^^
わずかでもいい、ひとり一人の心奥に
ほそく永く、伝えていってください!